[レビュー] We Do 2.0 – LEGO (2)

こんにちは!スタッフのKです。

 今回は実際にWe Do 2.0をプレイしながら、レビューを書いていきたいと思います。早速アプリを起動して指示に従ってみます。新しいページを作成すると、このようにプロジェクトがいくつか用意されているので、順番に進めていくのがよいかと思われます。では、まず「A.科学探査機 マイロ」を選択します!プロジェクトでは「調べる」→「組み立てる」→「発表する」の順にカリキュラムが構成されています。「調べる」ではストーリーが用意されており、ひとつの課題が提示されます。その解決のために必要なロボットを「組み立てる」で制作し、「発表する」でその解決策を発表します。身近な課題から社会問題まで幅広く課題が用意されており、なかなか本格的です!

microsoftteams-image-6

組み立ててみましょう!

 まずは、ブロックを重ねて土台を作っていきます。作り方の説明がわかりやすいのがグットポイントです。部品が多いので、間違えないように組み立て方をよく見ながら制作していきます。

microsoftteams-image-3

 だいぶ車らしくなってきました。電動装置のためのUSB端子がついているので取り付けます。

microsoftteams-image-7

 完成しました!電源も付いたので、うまく作れたみたいです。タイヤが横に並んだ2輪車は珍しいですね!

 

Bluetoothの繋ぎ方

 WeDo2.0ではiPadがリモコンとなってロボットを操作します。その際にBluetoothを使ってこれらを接続します。

1, プロジェクトの説明が終わったら、画面左上にある本のアイコンをタップして以下の画面を開きます。

2, 画面右下にあるブロックのアイコンをタップします。
3, iPadのBluetoothがONになっていることを確認します。
4, ロボットについている緑色の電源ボタンを押します。
5, ロボットの 電源をつけると音と同時にライトが5回ほど点滅するので、その間に「LPF2 Smart Hub 2 l/O」をタップします。

microsoftteams-image-9

6, ロボットのライトが点灯し、以下の画面になれば接続完了です。切断する場合はロボットの電源ボタンを長押しします。

 今回はアプリを紹介しながらロボットを制作し、Bluetoothの接続までを行いましたので、次回は実際にプログラミングをして動かしてみたいと思います!

kawachan

Tech4Kids トレーナー K | 現在、シニア向けのIT教室の講師も行っています。 子どもたちが楽しくプログラミングを学べる環境を提供していきます。