小型セルフィードローン「Dobby」のご紹介!

こんにちは!スタッフのKです。

 今回ご紹介するのはドローンです!皆さんはテレビやネットなどで一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。ドローンとは無人航空機のことを言います。自動運転ブームが来ている今、様々な用途で活躍する可能性が示されています。

 現在は、ドローンを操縦するために必要なライセンスなどは特にありませんが、将来的に郵便物やピザの宅配など事業用に使われる場合は必要になってくることでしょう。また、都内にドローン操縦士になるための専門学校が作られており、実用化に向けた取り組みも進んでいます。(参考までにhttp://drone-a.com/)

 事業用のドローンは規制やルール作りが難しいことからまだ実装段階には至っていませんが、遊びの範囲で使えるドローンは販売が開始しています。その中でも最もポピュラーな「Dobby」(ドビー)をご紹介したいと思います!

家庭用ドローンのご紹介

 Dobbyは中国の「ZeroTech」というメーカーが開発した小型ドローンで、Bluetoothで繋いだスマホをハンドル代わりに操縦できる仕組みになっています。重さは約200gと意外に軽量でサイズは手のひらぐらいの大きさになります。一般的なサイズのドローンは操作が難しく、対象年齢が18歳以上と位置付けられていますが、Dobbyは初心者でも簡単に操作できるようになっているので子どもから大人まで楽しむことができます。

 基本的な用途は「空撮」です。内臓さているカメラは4K対応で解像度も高く、GPSの受信もできるためカメラとしては十分なクオリティーです。飛行時間は1回の充電で約10分間ですが、予備バッテリーをいくつか用意すれば旅行先でも使用することができます。

 気になるのは購入手段ですが、今はAmazonから購入することができます。基本セットのStandard版が54,800円(税込)、予備バッテリーや予備プロペラなどが付属しているDeluxe版は63,800円(税込)です。

購入してみました!

 実は今回、弊社でも1台研究のために購入してみました。後ほどレビュー記事も掲載したいと思いますので、少々お待ち下さい!


kawachan

Tech4Kids トレーナー K | 現在、シニア向けのIT教室の講師も行っています。 子どもたちが楽しくプログラミングを学べる環境を提供していきます。